IdeaPad C340・S540のインターフェイス(4-in-1メディアカードリーダーとは?)

前回の記事で書いた
IdeaPad C340 と S540 の違い について。

スタイリッシュで軽量 そして5万円台で購入できるという 価格面でも魅力的なIdeaPadシリーズ。 今までずっと仕事には Thi...

C340・S540 インターフェイスの違い

今回はさらにインターフェイスの違いを
チェックしていきたいと思います。

■ IdeaPad S540

IdeaPad S540 のインターフェイスは以下の仕様になっています。

IdeaPad S350 インターフェイス

IdeaPad S350 インターフェイス

1. 電源ジャック
2. HDMI
3. USB3.0 Type-C
4. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
5. Novoボタン
6. SDカードリーダー
7. USB3.0
8. USB3.0 (Powered USB)

電源ジャックにHDMI、
マイクとヘッドホンのコンボジャック、
USBは3つあれば十分かなと。

Novoボタンというのは
初期化/リカバリーボタンのことだそう。

そして、SDカードリーダーもついています。

デジカメの画像を取り込むときに
あると便利なのでこれは嬉しい。

IdeaPad S540 スペック・詳細

IdeaPad C340

IdeaPad S340 のインターフェイスは以下の仕様になります。

IdeaPad C340 インターフェイス

1. 電源ジャック
2. HDMI
3. USB3.0 Type C
4. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
5. Novoボタン
6. 電源ボタン
7. 4-in-1メディアカードリーダー
8. USB3.0
9. USB3.0 (Powered USB)

電源ジャック、HDMI、USB、
マイク・ヘッドホンジャック、
Novoボタンなどは同様で
こちらは電源ボタンがサイドについています。

そして、4-in-1メディアカードリーダー
というものがありますね。

その名の通り、1箇所のスロットで
4種類のメディアが使えるカードリーダー。

・SDカード
・SDHCカード
・SDXCカード
・マルチメディアカード(MMC)

上記4種類が使えます。

デジカメやスマホなどとの
データのやり取りに便利ですね。

IdeaPad S340 スペック・詳細

IdeaPad S540・C340 ともに
エントリーモデルであれば5万円台で
購入できる14型のノートパソコン。

インターフェイスには基本的な機能は揃っていて
仕事にも問題なく使えそうです。

なによりもSDカードが使えるのはありがたいな。

IdeaPad S540 スペック・詳細
IdeaPad C340 スペック・詳細