ThinkPad OneLink プロ ドックを使っています(感想・レビュー)

以前、ThinkPad X1 carbon を使っている友人が

ThinkPad OneLink プロ ドック 使いやすくていいよ~」

と言っていたのを聞いて、
ThinkPad Eシリーズを使い始めたころから
わたしもずっと愛用しています(^_^)


ThinkPad OneLink プロ ドック

OneLink プロ ドック 導入前

ThinkPad OneLink プロ ドック を導入する前の
オフィスデスクはこんな感じ・・・

DSC05299

液晶ディスプレイ・スキャナー・プリンター・電源コード・スマホ充電・・・

かわいそうに ThinkPadくん、コード類でがんじがらめになって
鎖に繋がれた人みたいになってます(^_^;)

出掛ける時には、このコード類を全部外して
またデスクで仕事をする前には、コードをつけて
・・・と、かなり面倒なことを普通に毎日やっていました。

OneLink プロ ドック 導入後

そして、ThinkPad OneLink プロ ドック を使い始めてからのデスクは
一目瞭然!かなりスッキリとしました。

DSC05300

作業スペースも広々と取れるようになって
仕事の能率が格段にアップしました♪

ゆくゆくは、こんなデスク周りにできたらかっこいいかも!?

onelink3

OneLinkプロドックとOneLinkドックの違い

OneLinkシリーズでラインナップされているのは、
OneLinkプロドックとOneLinkドックの2種類。

2つの違いは、
OneLinkプロドックには、ディスプレイポートとDVI-I
そして、USB3.0のポートが2つある、ということ。

オフィスではレノボの23型液晶ディスプレイをつないでいるので
プロドックの方を購入しました。

ThinkPad E440、E450、E460 歴代のEシリーズと一緒に使ってきて
ThinkPad OneLink プロ ドック は、無くてはならない存在になっています。

後継機種の E470?にも、ポートは搭載してくれることを願います。


ThinkPad OneLink プロ ドック