WordPress 4.7.0 or 4.7.1の脆弱性を狙った改ざん被害防止のために最新版への更新を

http://e460.net/ の
Wordpress を更新されることをおすすめします


というメッセージがgoogleさんから届いてました。

すでに更新はしていたんですが
タイムラグがあったのかな。

古いバージョンの WordPress 4.7.0 or 4.7.1 の
脆弱性を狙ったサイト改ざんの被害
が多数出ているようですね。

google Console で、セキュリティの問題もチェックしてみたら
とくにコンテンツに被害が出ているということもなさそうで、ひと安心。

セキュリティの問題
現在のところ、貴サイトのコンテンツからはセキュリティの問題は検出されていません。セキュリティの問題の詳細や、セキュリティの問題が及ぼすサイトへの影響については、ハッキングされたサイトに関するリソースをご覧ください。


数日前にはサーバーからも
注意喚起のメールが来ていました。

お客様 各位

平素は、弊社サーバーをご利用いただき、誠にありがとうございます。

さて、2017年2月4日夜頃より、WordPress の脆弱性を悪用した改ざん被害
が多数報告されております。

WordPress 4.7.0、4.7.1 をお使いのお客様は、早急にバージョン 4.7.2
にバージョンアップしていただくと共に、改ざん被害を受けていないか、
サイトの全てのページをご確認いただきますよう、お願いいたします。

また、今後とも安全なWebサイト運営のために、WordPress に限らず、各種
CMS をお使いのお客様は、必ず最新バージョンを維持していただきますよ
う、お願いいたします。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。


              - 記 -

<対象 WordPress バージョン>
 WordPress 4.7.0、4.7.1

<影響>
 脆弱性を突かれてサイトの改ざんが行われてしまう

<対処法>
 4.7.2(2017/1/26リリース)へのバージョンアップ


ワードプレスを使ってブログやサイトを運営されている方も多いと思います。

バージョンの更新をしていない方は、早急に対応したほうがよさそうです。